一般財団法人 和歌山県交通安全協会|交通安全教育の推進|交通安全対策の推進|自動車学校の運営|和歌山県和歌山市

 
 
  • 和歌山県交通安全協会
和歌山県交通安全協会
   
  一般財団法人 和歌山県交通安全協会は、悲惨な交通事故を1件でもなくし、安全で快適な「やすらぎのわかやま」を築くことを目指して、県民の皆様を中心に交通安全の輪を広げる活動を行っている団体です。
  県下の各地域で、関係機関やボランティア団体の皆さん方などとともに交通安全の広報・啓発をはじめ、
交通安全教育、交通安全対策などのさまざまな活動を行っております。
 皆様方のご協力とご支援をお願い申し上げます。
 

一般財団法人和歌山県交通安全協会からのお知らせ

一般財団法人和歌山県交通安全協会からのお知らせ
2021-09-01 最新情報を更新しました。
2021-06-25 交通安全貸出DVDリストを更新しました。
2019-08-22 自転車保険加入努力義務化
2019-02-22 横断歩道は歩行者優先
  2015-06-30 交通安全協会について更新しました。
 

交通安全フェアわかやま2021

交通安全フェアわかやま2021
 
交通安全フェアわかやま2021 中止について
 令和3年9月18日(土)に和歌山交通公園で開催予定の「交通安全フェアわかやま2021」は、新型コロナウイルス感染拡大のため、急遽中止することになりましたので連絡します。
 なお、9月1日発行予定の協会紙「交通わかやま(66号・秋季号)」1ページ目下段に「交通安全フェアわかやま2021」の開催日等掲載しておりますが、上記のとおり中止となりましたので、お間違いないようよろしくお願いします。
 

秋の全国交通安全運動

秋の全国交通安全運動
 
 令和3年の全国交通安全運動



 令和3年9月21日(火)~ 9月30日(木)
 
~ 交通事故死ゼロを目指す日 ~ 
令和3年9月30日(木)
 
* 運 動 の 重 点 *
       
子供と高齢者を始めとする歩行者の安全の確保
夕暮れ時と夜間の事故防止と歩行者等の保護など安全運転意識の向上
 自転車の安全確保と交通ルール遵守の徹底
 飲酒運転等の悪質・危険な運転の根絶
 
 

子供と高齢者を始めとする歩行者の安全の確保

子供と高齢者を始めとする歩行者の安全の確保
 
 
 
♦ 歩行者も交通ルールを守り、安全
 にしましょう。
 
◆ 道路を横断するときは、手を上げる
 などして運転者に対して横断する意
 思を明確に伝えるようにしましょ
 う。
 
「歩きスマホ」は大変危険!絶対
 やめましょう。
 
 
 

夕暮れ時と夜間の事故防止と歩行者等の保護など安全運転意識の向上

夕暮れ時と夜間の事故防止と歩行者等の保護など安全運転意識の向上
 
夕暮れ時は、
横断中の歩行者、自転車に注意!
 
薄暮時間帯における死亡事故発生状況
(資料:警察庁)
 平成28年から令和2年の5年間における死亡事故発生状況を分析した結果、
 ・ 日没時刻と重なる17時台から19時台に多く
  発していること
 ・ 薄暮時間帯には、自動車と歩行者が衝突する
  事が最も多く発生しており、事故類型別で
  は、横断中が約9割を占めていること
 ・ 横断場所の内訳では、横断歩道以外での発生
  8で、横断歩道以外の横断における歩行
  者約7割に法令違反があること
などが明らかになりました。
 
 自動車運転者は前照灯の早め点灯を行うとともに、歩行者や自転車利用者は明るい服装をしたり、反射材・ライトを活用し、自分の存在を周囲に知らせるようにしましょう。
 
 

自転車の安全確保と交通ルール遵守の徹底

自転車の安全確保と交通ルール遵守の徹底
 
手間を惜しまず
安全確認!
 
 自転車に乗るときは! 
 
 
「児童・幼児、70歳以上の人、車道通行に支障がある身体障害者」や「車道通行が危険な場合など」は、
歩道を通行できるので利用しましょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
歩行者用信号機のある横断歩道を通る時は、
歩行者等がいないか注意しましょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「止まれ」の標識をきちんと守りましょう。
 
相手のために、自分のために、万が一の事故に備えて
保険に加入しましょう!
 

飲酒運転等の悪質・危険な運転の根絶

飲酒運転等の悪質・危険な運転の根絶
 
  飲酒運転根絶!  
 
飲酒運転は絶対にしない、させない。
 
 
  精神的影響       身体的影響__
 ・思考力が低下する       ・視野が狭くなる
 ・理性が失われる        ・集中力が鈍る
 ・感情の起伏が激しくなる    ・平衝感覚が乱れる
 ・精神的に不安定になる     ・注意力や判断力が低下する
 
 
飲酒運転は、悲惨な結果を招く、悪質・危険な犯罪です。
地域・職場・家庭 みんなで「飲んだら乗らない。乗る人には飲ませない。飲む人には、車を貸さない。」の徹底を!
 

妨害(あおり)運転厳罰化 6月30日施行

妨害(あおり)運転厳罰化 6月30日施行
   
妨害(あおり)運転の対象となる
10類型の違反行為と具体例
罰 則違反点数行政処分
【他の車両等の通行を妨害する目的】

① 車間距離不保持
 (前方の車に激しく接近等)

② 急ブレーキ禁止違反
 (前方者の不必要な急ブレーキ)

③ 進路変更禁止違反
 (前方に車線変更で割り込む)
 
④ 通行区分違反
 (対向車線へのはみ出し)

⑤ 追越し違反

⑥ 減光等義務違反
 (執拗なパッシング)

⑦ 警音器使用制限違反
 (執拗なクラクション)

⑧ 安全運転義務違反
 (幅寄せ等)

⑨ 最低速度違反(高速自動車国道)

⑩ 高速自動車国道等駐停車違反

3年以下の懲役
または
50万円以下の罰金
25点免許取消し
(欠格期間2年)

※前歴や累積点数がある場合には最大5年
【上記の違反行為などで】

 高速自動車国道等において他の自動車を停止させ、その他道路における著しい交通の危険を生じさせた場合


5年以下の懲役
または
100万円以下の罰金
35点免許取消し
(欠格期間3年)

※前歴や累積点数がある場合には最大10年
 

ながら運転厳罰化

ながら運転厳罰化
 
「ながら運転」(携帯電話使用等)をした場合
 改正前              厳罰化   改正後
 罰則 5万円以下の罰金            6月以下の懲役
                        または10万円以下の罰金
 違反点 1点                 違反点 3点
  反則金  大型 7,000円  →       大型 25,000円
     普通 6,000円    →       普通 18,000円
     二輪 6,000円         二輪 15,000円
     原付 5,000円         原付 12,000円
「ながら運転」をして交通の危険を生じさせた場合は
 一年以下の懲役または30万円以下の罰金
  違反点6点(免許停止)反則金なし(即罰金)
と非常に厳しいものとなります。
 
             
一般財団法人
和歌山県交通安全協会
〒640-8524
和歌山県和歌山市西1番地
TEL.073-473-1710
FAX.073-473-1712
────────────────
・交通安全教育の推進
・交通安全対策の推進
・自動車学校の運営
────────────────
137820
<<一般財団法人和歌山県交通安全協会>> 〒640-8524 和歌山県和歌山市西1番地 TEL:073-473-1710 FAX:073-473-1712